杉並区永福の歯科、永福町ファミリー歯科クリニック|ブログ

〒168-0064 東京都杉並区永福4-8-2 oazo永福1F 京王井の頭線「永福町駅」より徒歩5分、「西永福駅」より徒歩12分

  • バリアフリー
  • キッズスペース
  • 駐車場完備
  • 新患・急患随時受付
0363794182

〒168-0064 東京都杉並区永福4-8-2 oazo永福1F

京王井の頭線「永福町駅」より徒歩5分
「西永福駅」より徒歩12分

WEB予約はこちらWEB予約はこちら

 
再診の方はお電話にてご予約を承ります。はじめて当院にご来院する初診の方はネット予約とお電話のどちらからでもご予約いただけます。

  • 初診の方のWEBはこちらから(24時間受付中!)

ドライマウスにご用心

一年のうちで最も空気が乾燥する季節がやってきました。
この時期とくに、肌や髪の保湿を気遣われる方は多いですよね。

それではお口の中はどうでしょうか。
やはりこの時期はお口もいっそう渇きやすくなっています。
とくに口呼吸になる方は、お口に直接乾燥した空気が入り込むため、
ドライマウス(口腔乾燥症)になってしまうことも。

ドライマウスとは口呼吸以外にも加齢やストレス、
薬の副作用などを原因として唾液の分泌量が減少する疾患で、
進行すると、お口や全身へさまざまな悪影響を及ぼす可能性があります。

以下はドライマウスを放置することによるリスクです。

☑むし歯や歯周病にかかりやすくなる
唾液の自浄作用が機能しなくなり細菌が増殖します。
口内炎ができやすくなることも。

☑誤嚥性肺炎の原因になる
唾液の分泌量の減少により細菌が増殖。
その細菌が肺に入ることで誤嚥性肺炎になります。

☑しゃべりづらくなる
お口の中や唇が渇くとお口を動かしにくくなり、しゃべりづらくなります。

☑口臭が出る
唾液の分泌量の減少により細菌が増えることで、口臭が出たりお口の中がネバネバしたりします。

☑風邪や感染症を引き起こす
ドライマウスの原因の一つである口呼吸は、ウイルスや細菌をダイレクトにお口に入れてしまいます。

どれも健康や生活の質にかかわる症状ですよね。
「たかだか口の乾燥」と放置することなく、改善に向けて対策していくことが大切です。

■対策1
よく噛んで食事をする
しっかり噛むことで唾液腺が刺激されます。
日常的にキシリトール配合のガムを噛むことも効果的です。

■対策2
こまめに水分を摂る
水分を意識して摂る習慣をつけましょう。
お茶やお水など、糖分の入っていない飲み物が適しています。

■対策3
唾液腺のマッサージをする
「耳下腺」「顎下腺」「舌下腺」をマッサージすることで唾液の分泌を促します。

■対策4
お口を潤すケアグッズを使用する
保湿成分配合のマウスウォッシュやジェルなどで潤いを保つことができます。

当院では潤ったお口で快適に生活していただけるように、
患者様のお口に合ったケアをご提案させていただいております。
ドライマウスの症状がある方は一度ご相談ください。

気になる口臭、歯周病が原因かも?

お口のイヤなニオイ、気になりませんか?

朝起きた時などに感じる生理的口臭や食べ物の成分による一時的な口臭は、
丁寧な歯磨きや洗口剤の使用で抑えることができます。
しかし、お口の中の病気が原因の口臭は治療していかないと治りません。

なかでも問題視したいのが歯周病のお口です。
歯周病のお口に存在する歯周病菌は、食べカスなどのたんぱく質を分解する過程で「メチルメルカプタン」というガスを発生させます。
このガスが「腐った玉ねぎ」と評されるほど強烈な口臭となり、周囲に不快な思いをさせてしまうのです。

では、このニオイを消失させるには。
歯周病菌の巣窟となっている歯垢や歯石をキレイに取り除き、お口の中を清潔に保っていくことが重要になります。
それには以下の2つが効果的です。

◇正しいブラッシング方法での歯磨き
◇歯科医院でプロのクリーニングを定期的に受ける

続けていただくことで歯周病は改善され、病巣となっていた歯周ポケットはキレイになります。また腫れていた歯ぐきが引き締まることで出血もなくなります。

この状態まで改善できれば、口臭はかなり軽減されているはずです。

当院ではお一人おひとりに合ったブラッシング法のご指導、
また専用の機械を使用して歯面を磨き上げるPMTC(歯のクリーニング)を行っております。
お口のニオイが気になる方は、ぜひ当院にお越しください。

定期的に検診やクリーニングを受けることで、清潔で健康なお口を保つことができますよ。

その飲み物、要注意です

空の青さに夏の到来を感じるこの季節。
喉を潤す冷たい飲料が恋しくなりますよね。
水分補給は熱中症対策の観点からも大切ですが、ちょっと注意が必要です。

炭酸飲料やスポーツドリンクなどの酸性度の高い飲食物でお口の中が酸性に傾くと、
酸蝕歯になってしまう可能性があるのです。

歯の表面のエナメル質は、pHが5.5以下で溶け始めるといわれています。
100%のオレンジジュースで4.0pH、スポーツドリンクで3.5pH程度。
コーラは2.2pHという強い酸性です。

酸蝕歯とはこれらの酸性度の高い飲食物によって歯が溶かされてしまう歯科疾患。
症状としては、熱いものや冷たいもので歯がしみたり、歯の形状や色に変化が見られたりします。また放置するとむし歯になりやすい脆い歯になってしまいます。

◇酸蝕歯のリスクを減らすには……

・ちょこちょこ飲みをしない
・酸性度の高い飲み物を飲んだ後は水でゆすぐ
・キシリトール100%のガムを噛む
・フッ素配合の歯磨き粉を使う

摂取の仕方や摂取後のオーラルケアに気を配ることで、
美味しい飲み物と上手に付き合っていきたいですね。

——————————————————————————————————

酸蝕歯はゆっくり進行していきます。定期検診で早期発見・早期治療に努めましょう。
気になる症状がございましたら、当院までご相談ください。

歯並びが良いと得する5つのこと

ひと昔前に「芸能人は歯が命」という人気CMがあった事をご存知ですか?
令和の今、もはや「誰にとっても歯は命」。
時代と共に歯に対する意識は一層高まってきました。

当院は開院当初から予防歯科へ取り組んでいますが、今回は「歯並びと予防」についてお話してみようと思います。

「歯並びが良い」と聞くと、まず美容面のメリットを思い浮かべる方が多いと思います。
美しい歯列は、清潔感があって印象度がアップしますよね。

もちろんのそういった審美性も大きな利点ですが、実は歯並びがしっかりとしていると
健康面や予防面でも、次のようなメリットがあると考えられています。

◇代表的なメリット

1.むし歯になりにくい
2.歯周病になりにくい
3.歯の生存率をあげる
4.上下のかみ合わせがよくなる
5.頭痛や肩こりなどのマイナートラブルが減る

うれしいことがいっぱい並んでいますね。

今回は「なぜ歯列が綺麗だとむし歯や歯周病にかかりにくくなるのか?」を簡単に紐解いてみたいと思います。(メリット1,2)
ポイントは歯のみがきやすさにあります。
歯の重なりが少ないと、歯ブラシが届きやすくなり、プラークがたまりにくくなります。
プラークが少ないと、むし歯になりにくくなり、口内環境が清潔に保たれて歯周病にもかかりにくくなるという仕組みです。

歯みがきがしやすいという事はとても大切なことなのですね。

では、綺麗な歯ならびはどうやって形成すれば良いのでしょうか。
お子さまの歯ならびを気にされている保護者の方もいらっしゃると思いますが
小さい頃から積極的に歯ごたえのある食べ物を取り入れることをおすすめします!

日本人がアメリカほど歯列矯正大国にならないのは、元々歯並びが良いからとされています。
理由の1つとして、日本人は昔から硬い食べものを良く口にし、顎の発達が促されてきたためと考えられています。

私も昨今のなめらかな口当たりや、口どけの良い食べ物は大好きですが、折りに触れて、歯ごたえのある食べ物を食卓に取り入れるように意識しています。
顎を鍛えるだけでなく、噛む楽しみを感じたり、触感を味わうことができるので、改めて噛めることの喜びを再認識できる気がします。食育にもおすすめです。

実は甘いキシリトール

永福の歯科、永福町ファミリー歯科クリニック、院長の鈴木です。
2022年ももうすぐ2月、バレンタインですね。

最近では、「友チョコ」という言葉を聞くようになり、
職場の仲間や学校のクラスメイトの方たちに手作りのチョコレートやお菓子を用意する方も増えたように思います。

甘いものが好きな方にとってはカロリーも気になるところですが、
歯にも優しいキシリトールが、甘味料として使用できるのはご存知でしょうか?

キシリトールというと、キシリトールガムのミント系の味を思い出す方も多いと思いますが、
白樺や樫の木からとれるキシラン・ヘミセルロースという糖分から作られる天然の甘味料なのです。

キシリトールガムの他に、キシリトールチョコレートというのも市販されていますので、
甘いものが好きな方にはお勧めです。

キシリトールはお口の中のPH値を整える効果があり、就寝前に食べると効果的なので、
就寝前、ちょっとお口が寂しくなってしまった…
という時も、キシリトールチョコレートなら積極的に食べることができるので嬉しいですね。

甘いものが好きな方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。
ただキシリトールを一度にたくさん摂取すると、お腹が緩くなってしまうのでご注意ください。

永福町ファミリー歯科クリニックについて

永福町ファミリー歯科クリニックは

悪くなったら治す「治療中心医療」から

予防管理型医療へシフトした新しいかたちの歯科医院です。

 

虫歯や歯周病になる前に担当の歯科衛生士が予防専門ルームにて

クリーニングやスケーリング、ブラッシング指導など、お口の健康を守るためのケアをします。

予防管理型医療を行うには患者様のご協力が必要不可欠です。

時にはご自身の生活習慣を見直していただく必要や、

定期的に継続して検診を受けていただくこともございます。

これらを行うには患者様自身がお口の健康への意識、予防歯科に対する考え方を

変える必要があるかもしれません。

 

当院では丁寧な説明を心がけておりますので、気になることがございましたら

お気軽にご相談ください。

 

皆様のお口の健康をお守りできるようスタッフ一同、

これからも患者様を本気でサポートいたします!!

PAGE TOP